ブログトップ

Stevie Ray VaughanとTEXASをこよなく愛するギターリスト ‘Kouichi’の夢日記

texasblues.exblog.jp

Soul to Soul

カテゴリ:TEXAS 日記( 6 )

*初めての方は、まずコチラ(TEXAS日記について)を読んでいただけたらと思います。
(2008年06月03日の日記より)

Double Trouble...
a0125001_9112088.jpg


SRV Fanにとって、憧れの(夢の)リズムセクション。
世界中に素晴らしいミュージシャンはいますが、僕にとって彼らは特別な存在。
もちろん、世界中のSRV Fanにとっても...


Stevieも、確かに一人でも凄い演奏をするし、他の凄腕ミュージシャンと演奏しているもの(サンボーンが司会のサタディナイトミュージックとか)もありますが、何と言っても、やはりDouble TroubleとやっているStevieが最高ですね!泥臭さがちょうどいい具合なんですよね。

Double Troubleが存在しなければ、Stevieもここまでの偉業をなしえたかどうか。
Stevieばかりを評価する人がいますが、色んな意味で、素晴らしいバンドのメンバーに出会う難しさは、バンド経験がある方ならよく理解出来ることと思います。Tommy Shannonさんなんかは、Stevie is Godのような言い方をする人はあまり好きではないみたいです。まず、ミュージシャン以前にStevieのことを素晴らしい(素敵な)人間であり、親友なんだと...

ところで、Double Troubleといえば、
Tommy Shannon (Bass), Chris 'Whipper' Layton (Drumus),の二人だけでも成り立ってしまいますが、やはり、Reese Wynans (Keyboards) の存在も忘れてはいけません。
3rd AlbumのSoul To Soul以降、欠かせない存在になっていましたから。
Reeseさんは、この3人の中でも、一番のムードメーカーだったはずです。実際にお会いしたから分かったんですが、実に気さくで、陽気で、親切で、人間としてすごく魅力ある方だったんです!
(僕としては意外だったんですが...笑)
a0125001_8595828.jpg



そりゃ、Stevieも気に入るわな~。と妙に納得したのでありました!



お会いした経緯などは、また後ほど詳しく紹介するとして、最後に、今日届いたReeseからのメッセージを...

(件名) hi !

Hello Kouichi. It was very nice to meet you. My best wishes for all you do.
Reese


Myspace上でのやりとりでしたが、すごく嬉しかったです!
Arigato Reese!

Soul to Soul!

Kouichi
[PR]
by soultone | 2012-06-09 09:13 | TEXAS 日記
*初めての方は、まずコチラ(TEXAS日記について)を読んでいただけたらと思います。
(2008年06月08日の日記より)

Stevie Ray Vaughan のお墓参りは、TEXAS (Dallas)に行った時は必ず訪れているのですが、毎回違った感じなんです。
a0125001_4353240.jpg
2003年、初めてのお墓参り




まったくの一人っきりで、静かな時もありましたし、2006 SRV Fan Club Last Tourの時は約50人の仲間達がいました。(その時は、みんなでStevieに対する想いを共有しました)
a0125001_524997.jpg



2007年は2回お参りしました。まず一人でお参りして、後日、友人達ともう一回行きました。実は2回行くつもりはなかったのですが、僕が車(レンタカー)を持っていたので、乗っけて連れて行って欲しいと頼まれたからだったんです。


結論からいうと、その時行っておいて良かったと思いました。
何故なら、初めて雨が降ったからです。
それは、まるでStevieが泣いているかの様でした...
いつになく、しっとりとした雰囲気でした。
a0125001_441377.jpg
Stevieの演奏するThe Sky Is Crying が僕の頭の中で鳴り響いていました...



そして、次の日、SRV Ride & Concertで、あの#1Guitarが当たりました。
偶然と言ってしまえば、それまでだけど、僕の中では2003年からTEXASに行っている流れで何故か凄く自然な出来事の様に感じたのでした。
おめでたいヤツ!って思われるでしょうが、本当にそう感じたのです。

ここで、当時の僕の状況とか心境etc..を詳しくお伝えすることが出来ないのは残念なことですが、人生の、節目、転機というか、個人的にかなり切迫していました。そして、答えを探し求めていました。


一つだけ言っておきたい事があります。


決して、Guitarをもらった事、それ自体が嬉しいのではナイ!のです。
ず~っと想い続けてきた想いが、Stevieに伝わったと思えたから嬉しいのです。  
そしてStevieは僕に囁いてくれました...  それは直感で感じました。
a0125001_4464552.jpg

Kouichi、お前はそのままでいいんだ!やり続けろ!俺は見守ってるよ!って。



なんて、おめでたいヤツなんだ?(笑)
しかし、その後も奇跡が続くのであった...

Soul to Soul
Kouichi
[PR]
by soultone | 2012-06-07 04:57 | TEXAS 日記
*初めての方は、まずコチラ(TEXAS日記について)を読んでいただけたらと思います。
(2008年06月05日の日記より)

Stevie Ray Vaughan関連の書籍は、和洋問わず、たくさん出版されていますが、その中でも究極になるであろう本が出ます。(既にオーダーは始まっています)
a0125001_393018.jpg


SRV Fan Clubのボス、Craig Hopkinsさんの3冊目です。前の2冊とも既に、Sold outです。
(全て限定で、自費出版されています)
日本のGuitar雑誌関連でも何度かSRVの本は出ていますが、すべてにおいて桁外れに凄いです!
(特に、写真がいいです!)


すべてが、Rareなんです!
すべてのStevie Fanが手にするべきだと、敢えて言い切らせていただきます。



究極のSRV本の詳細は、コチラです。
Paypalを使えるので、ボタンを押すだけで簡単にオーダー出来ます。


で、実は昨日届いたんです。Craigさんから。
本ではないんですが、(日本には7月中に発送予定)
本のレイアウトや写真などの色を決める為のテスト物です。製本される一歩手前の物です。
仮のものなので、紙質もレベルが低いものだし、製本されていないのでバラバラなんですが、(年代ごとに区切って綴じられています)内容はすべてきちんと見れます。
a0125001_3141757.jpg


内容を見たから改めていいますが、絶対に買い!です。
SRV Fanなら、本当に感動しますよ!
Craigさん、凄いです!


今回、仮の本をゲットしたいきさつについてですが、まず、製本(完全版)のシリアル#1をCraigさんがebayに出品されたんです。(2週間程前に)で、#1のみ、通常の発送時期よりも約一ヶ月早く手に入れる事が出来るという特権付きだったんです。

僕は、Craigさんにはお世話になっているし、この本が出来上がるのをずっと前から楽しみにしていたので、(ちょうど、2007の10月にSRV Fan clubの仲間とCraigさんの家に行った時に、PCで編集中の写真etc...見せて貰っていたんです) 多少$$$になっても、感謝のつもりで入札したんです。
a0125001_3203637.jpg

Craigさんの町内のレストランにて。



結果は、及ばずでしたが...
実際、$$$!でした!($355)
で、Craigさんは僕も入札したのが分かったので、メールをくれました。
残念だったけど、ありがとう。という事と、もし興味があるならもっとRareな
ものがあるけど... 

で、いただく事にしたのです。
で、昨日届いたのであります。


Stevie Ray Vaughan の究極の本
Day By Day, Night After Night

本は、期待して間違いないのであります!! オススメです。



Soul To Soul

Kouichi
[PR]
by soultone | 2012-06-07 03:28 | TEXAS 日記
*初めての方は、まずコチラ(TEXAS日記について)を読んでいただけたらと思います。
(2008年06月02日の日記より)

以前からリクエストがありましたので、TEXASで当たったSRV #1 Guitar について紹介させていただきます。
a0125001_17483986.jpg

こちらが、このギターをつくったTim Davisさんのサイトです。

いやぁ~、Stevie Fanが見たらここに写っている方達や、お店にピ~ン!とくるはずです。
左上から、Ray Hennigさんといえば、そうです!あのSRVがNo.1をゲットした楽器屋 Heart of Texasのオーナーです。


次は、SRVのストラップといえば、まず浮かぶのは例の音符のヤツですが、次によく見かけるケニーウェインとかも使っているストラップを作っているChristian Brooksさんです。
a0125001_18281248.jpg

コチラからオーダー出来ます。

因に、僕は2006 SRV Ride & Concertの時に目の前でSRVの代わりにKOUで作って貰いました。 $125也。 それから、当たったギターとセットになっていたのでもう一本SRVのレプリカも持っています。$0也。

次はCharley's Guitar Shop、オーナーはもう既に3人目で、みなさんご存知のようにStevieを可愛がっていた初代オーナーのCharleyさんは、すでに亡くなられております。Life Without Youの... 2代目の方は、Mark Pollockさんといって、全米いや、世界最大のVintage Guitar Showなども仕切っておられる方で、 現在は、別の楽器屋をされています。
現在のオーナーはClay Powersさんで、奥さんと一緒に経営されています。

次に、左からTimさん本人とSRV Fan Club のボスのCraigさん。
Timさんと、Tyrone Vaughan(Jimmy Vaughanの息子)そして、Cutterさん。
あとは、TEXAS系が好きなら皆さんご存知のミュージシャン達。
Johnny Winterも触っていますね。

何と、Price: $12,500.00! お~い! (当時は$17,000.00でした)
それが、何と!タダでした~。 (当たりましたから 笑)

ギター本体の細かいスペックなどは、わかりませ~ん。
ただ、ある意味、FenderのCustom Shop製のアレよりは、SRVゆかりのTEXAS在住の友人などが協力し合って作られたのは間違いありません。

愛がいっぱい詰まっているのであります。

友人のTommy.Kは、Ray Hennigさんの所で、ベースとなるギター(Fender製)を買って、TimさんがCustomしてるんとちゃう?って言ってました。
Tommyには、Pick Upは何? Texas Special? って聞かれたけれど、分かれへん。って答えました。また、Timに会ったら聞いといて!

結局、
こんな感じの説明になってしまいましたが、僕はこのギター本体そのものよりも、これにまつわるエピソードとかの方が面白いし、ロマンを感じていただけたら幸いです。
ギターが当たった時の様子(写真)はコチラ


P.S.
このSRV No.1 Guitarは、2010年に盟友でありBlues BrotherのTommy Katonaにあげました。
(Tommy's Gear~ Number Oneの動画をご覧下さい)
僕は、もう十分に楽しませていただきました。
もう、お腹いっぱい満足しました〜。
ありがとう。

だって、このギターが当たったおかげで、Double TroubleとRecordingすることが出来たし、SRV Ride & Concertにも出演出来たし、何よりも、憧れのTEXASで1st CDをRecordingまで出来たのですから。

とにかくTommyの存在は、僕を前進させてくれたのでした。
だから、友情の証として、そして感謝の気持ちを込めて、僕よりも一回り以上も若くて才能も情熱もあるTommyにこのギターを託したかったのです。彼なら、僕よりもずっと遠くへ飛んで行ってくれる事を願って...
このギターは幸福のお守りみたいなものなので、勝手に素敵な出来事が起こる不思議な力を持っていました。

このGuitarは、みんなのStevieに対する愛がいっぱい詰まっていますから。
きっと、Stevieも天国から見守っていてくれているのでしょうね。

Fly on Tommy!

Soul to Soul

Kouichi
[PR]
by soultone | 2012-06-05 18:33 | TEXAS 日記
*初めての方は、まずコチラ(TEXAS日記について)を読んでいただけたらと思います。
(2008年05月29日の日記より)

a0125001_441817.jpg
2006 SRV Fan Club Last Tour 全米各地はもとより、世界各国、イングランド、オーストラリア、オランダ、ハンガリー、そして日本(僕で〜す!)からSRVのファンがTEXASに集まってStevieゆかりの地を巡るという、SRVファンにとっては涙もののツアーでした。この時に出会った仲間とは今でも交流しています。特に、ハンガリーからやってきた(現在はTEXAS在住)Tommy Katonaとの出会いは衝撃的でした。最初からお互い惹かれ合っていましたから。とにかく運命だったのでしょう。彼のおかげで僕の初めてのCDをTEXASでRecordingすることも出来たのですから...




2006年のSRV Fan Club Last Tourに参加してから凄くラッキーな事が起こりまくったので、感謝の意味も込めて、TEXASの関係者のみなさんにお返しがしたいという気持ちもあります。近々、SRVの凄い本を出す予定のCraigさん(Stevie Ray Vaughan official Fan Clubのボス)、や、StevieのロードマネージャーをやっていたCutterさん、SRV Ride & Concertの運営委員のRic,Shon,etc...

日本にいては、なかなか手に入らないTEXASの情報(オススメのミュージシャン、クラブetc...)とか、知っている範囲で、みなさんにお伝え出来ればと思います。それが日本ではほとんど知られていない彼らへの恩返しとなる事を祈って...


次回から色んなエピソードが登場しますのでお楽しみに!

Soul to Soul

Kouichi
[PR]
by soultone | 2012-06-05 04:38 | TEXAS 日記
♪TEXAS日記について♪
a0125001_5214388.jpg


TEXAS日記とは、Stevie Ray Vaughanを愛してやまない僕 (Kouichi Morita /Band: Kouichi and Friends)が、憧れのTEXASを訪れた時の出来事を気まぐれに書き綴ったものです。
その中には僕の究極の夢が叶った時の話(SRV and Double Trouble の Double Troubleと一緒にRecordingした時の様子etc...)も含んでいます。

*内容は、元々SNSのmixi日記で書いていたTEXAS日記からの転載になります。

ほとんどがリアルな友人で構成されているコミュニティー内での日記でしたので、文体もラフな感じだったり(もろに関西弁)、気分によって変わったりしています。それと、過去のお話ですので、情報が古くなっていたり、リンク先のURLが変わっていたりしている箇所も多々あるかと思います。でも、敢えて、削除、訂正、加筆などの編集はしない又は、最小限にとどめてそのまま転載させていただきたいと思っています。
理由は、すご〜〜〜く面倒臭いからです。なんじゃそりゃ〜!(笑)
それと、当時と今とでは、僕自身の感じ方も違うので、敢えて、当時の新鮮さを残す方がベターだと判断したからです。
何はともあれ、楽しんでいただける内容だと思います。(多分...)


初めてTEXASを訪れたのは2003年の夏でしたが、残念ながら2008年からのお話となります。
というのも、一度mixiをやめてしまったので以前に書いていたTEXAS日記は消えてしまったからです。(mixiを始めたのは2006年でしたが、当時は過去を振り返って2003年からのお話を書いていました。その後、2008年にまたmixiをやり始めたので、2008年以降のTEXAS日記は残っているって訳です。)あ〜、残念〜!もったいないことをした気がしますが、それが人生ってヤツです。(笑)
もちろん、僕個人の心の中では、いつまでも新鮮に輝き続ける出来事ばかりなんですけどね。
それと、本当の意味でのTEXAS日記は個人的に書いていたので、今でもそのノート(日記帳)は大切な宝物として持っています。また、僕が撮った写真や動画もSRVファン(TEXAS好き)であれば興味深いものやレアなものも山盛り持っています。(笑)

いずれ、その時が来て、必要とあらば、その内容をOPENにする日が来るかも知れません。
もちろん、来ないかも知れません。
どっちでもいいです。
Let it be...


当時は、僕自身もそのClosed且つ狭いコミュニティー内(mixi)のみで共有していることに満足していましたし、おおっぴらに世間にお知らせする必要性も全く感じませんでした。

でも、最近は事情が変わってきました。

一つは時代(世間)の流れとして、facebookなどのOpenなSNSが主流になってきたことで、mixi離れ(僕個人はログイン頻度が少なくなりましたし、マイミクさんもほぼ同様です)が挙げられます。
これは、個人の価値観の問題になりますが、僕としては、TEXAS日記を永久にmixi内のみに埋もれさせるよりも、需要があるところに供給したい(興味がありそうな人に届けたい)という気持ちに変わってきました。とにかく、日本国内に於いては、SRVをキーワードとした今のTEXAS周辺のリアルな情報が少な過ぎると感じています。(はっきり言えばナイ!)
ピコピコとweb上で検索するだけと実体験があるのとでは、情報量、質、共に、違いがあるのは当然のことです。どちらが良いとか優れているとかではなく、違いがあるといいたいだけです。

もう一つの理由として、Kouichi and Friendsという僕のBandも活動し始めたので、(今後は、本格的に活動をしていきます)より多くの情報を提供する必要性を感じてきたからです。現在、ミュージシャンとしての僕の情報は皆無に近いです。昨年にTEXAS CDをリリースしたので、その流れの情報はある程度あるかとは思いますが、(それと、Stevie Ray Vaughan 関連情報)それぐらいですから。ですので、僕自身に関連する情報を少しでも多く発信しようと思い至った訳です。


ってなTEXAS日記を公開させていただきます。
頑張って頻繁にUPしていく予定です。(あくまでも予定ですけど〜)
SRVが大好きな方はもちろん、TEXASに興味がある方にお楽しみいただけたら嬉しいです。

あなたは、きっと、いや、絶対にTEXASに行ってみたくなることでしょう。
予言します。
断言します。
間違いなく、あなたはTEXASに行くでしょう。

だって、僕のこの話を聞いた人の中から、既に2人がTEXASに行っちゃったし、予定が2人いるざます〜(笑)

a0125001_4515786.jpg
2003年に初めてTEXASを訪れた時の写真です。デカ過ぎてギターがウッドベース扱いになってます〜

ってな訳で、会うべくしてまだお会い出来ていないあなた!
是非ともKouichi and Friendsのライブでお会いしましょう!


*ライブ情報はコチラ

Soul to Soul
Kouichi
[PR]
by soultone | 2012-06-04 04:33 | TEXAS 日記